南部鉄器

Nambu Ironware

空間に馴染むフォルム

岩手県奥州水沢

歴史的な史跡と美しい自然の風景、文化が残る鋳物の街、水沢。

南部鉄器の一つである水沢鋳物の歴史は南部鉄器よりも古く”南部藩”で作られた南部鉄器は茶釜作りから発展したのに対し、水沢は”伊達仙台藩”で興った鉄鋳物。
飛地で古くから鋳物師が多かった近江国(現在の滋賀)から職人を招き寺院などの梵鐘製造されたのが始まりと言われています。

鉄を加工する手法の一つ鋳造には作った型を高温で焼き固める焼型と、砂に水と凝固剤を混ぜ押し固める生型があります。

生型は古くから生活道具の生産に用いられ崩れやすい砂で成形するため職人が手作業で行い、熟練の技が必要とされます。

この伝統手法と機能性を追求した空間鋳造の鉄器は、現代の生活にも溶け込み日常的に使用できます。
鉄の自然な質感の表現を可能にした独自技法の「焼き肌磨き」は、極限まで磨き、更に熱して表面を焼きつけ凹凸が出来、それぞれに表情が異なります。

重厚感の中にも温かみを感じ、使い込むほど鉄分などが溶出し、まろやかな湯が沸き、鉄器は道具として100%の完成品になります。